カテゴリ:憧れのイギリス( 8 )

旬の花

私たちがロンドンを滞在していた時の気温は約17~19℃と雨も降らず過ごし易い日でした。
今年なかなか暖かくならないらしく、寒い日々が続いているそうです。

バラはまだでしたが、藤やブルーベルのほかにも、
芝に生える雑草だけど可愛い、イングリッシュデージー
d0312092_22472548.jpg

こんなに可愛いなら抜かなくてもいいね!

ライラック
d0312092_22483079.jpg

西洋トチノキが満開
d0312092_22503812.jpg


ちょっと変わった生垣というか・・・エスパリエ仕立て?ブナの木かな。 薄いっ!
d0312092_2251590.jpg


高低差を利用した素敵なお庭
d0312092_22542287.jpg


コベントガーデンの街中で見つけた移動式コンテナ
d0312092_22555738.jpg

自由に出し入れできるし色もいいね!
住宅街をくまなく歩くといろんな発見があって楽しい♪
[PR]

by monardanokahori | 2013-06-05 23:01 | 憧れのイギリス | Trackback | Comments(0)

ロンドンの住宅街

またまたロンドン話ですみません。
ちょうど藤の花が見ごろでした。
d0312092_2348623.jpg

なんでこう綺麗でかっこ良いのでしょ~
d0312092_23485369.jpg

洋書の世界でしか見たことなかったから、感動~素敵すぎます!
d0312092_23493741.jpg


そして、高級住宅街の一部でも、コンテナ使いが素敵なんです。
d0312092_23511645.jpg
d0312092_23513080.jpg

[PR]

by monardanokahori | 2013-06-04 23:54 | 憧れのイギリス | Trackback | Comments(0)

ショーを満喫!

d0312092_1324213.jpg


Fresh Garden部門の中から気になっったGarden
”The Mindfulness Garden”
d0312092_1333329.jpg

お山を築き草花が咲いている風景。シンプルで好き♪
d0312092_1334850.jpg


ハーブベースのリキュールPimm'sにフレッシュオレンジ、キュウリ、ミントがトッピング。
イギリスの夏のカクテル
d0312092_1345798.jpg

[PR]

by monardanokahori | 2013-05-31 09:41 | 憧れのイギリス | Trackback | Comments(0)

こんなところもいいね!

チェルシーフラワーショーマダムのお帽子コレクション
d0312092_23194097.jpg


オーナメント!?お庭に置くの?
ワイヤーワークのオーナメントが多く見られました。日本でも流行るのかな。
d0312092_12242643.jpg


こんなグラスハウス欲しい~
d0312092_12263145.jpg
d0312092_12264966.jpg


かわいくアレンジされちゃって☆
d0312092_12285221.jpg

ここのブースの植栽が素敵でした!
[PR]

by monardanokahori | 2013-05-30 12:39 | 憧れのイギリス | Trackback | Comments(0)

チェルシーフラワーショー2013

今年で記念すべき100回を迎えたチェルシーフラワーショー。
世界最大規模のフラワーショーの初日のRHS会員Dayに見学です。

今年のSyow Garden部門Goldはオーストラリアをテーマにしたお庭
d0312092_21555148.jpg

d0312092_2156357.jpg
ソーラーパネルを使ったりダイナミックな滝、オーストラリアの植物で構成されていて迫力のあるお庭?
Gardenです。これだけ別格な規模なのでGoldメダルになるわ・・な。


d0312092_223415.jpg

d0312092_2232549.jpg

d0312092_2234595.jpgハリー王子が携わる貧しい子供たちが住む風景や文化を知ってもらう為にデザインされたもの→

d0312092_22265222.jpg
d0312092_22292459.jpg

d0312092_2230380.jpg

国際バラとガーデニングショーと大きく違うところは3週間くらい前から実際に植え込んでいるので、植物が自然に育っていること。また環境問題やリサイクル、弱者に目を向ける意味などをもったテーマがはっきりしてると感じました。
つづきはMoreへ

More
[PR]

by monardanokahori | 2013-05-29 23:09 | 憧れのイギリス | Trackback | Comments(0)

Kyw Garden

ロンドン南西部のリッチモンドにある世界遺産の植物園 キューガーデン

今回この旅のツアーリーダーを務めてくださった舘林さんが学んでいた所。
広大な敷地に巨大な温室が3棟。公園のような森のような、とにかく美しいところでした!
d0312092_13283814.jpg


d0312092_1329499.jpg

良く刈り込まれた芝生。日本は「芝生には入らないで」なんて書かれているでしょうが、ここではふっかふかの芝の上を歩き放題(笑)
d0312092_13291615.jpg
d0312092_1330675.jpg

Palm House 建物も美しく熱帯雨林系の植物を気温と湿度を高く保たれたガラスの温室
d0312092_13361011.jpg
d0312092_1336326.jpg
d0312092_13364778.jpg
d0312092_1337076.jpg世界最古の鉢植えのソテツ


Temperate House 樹高16mワインパームなどが育っています。
d0312092_13401672.jpg
d0312092_1340348.jpg

これはKywガーデンオリジナルのウィッチフォードの鉢!
d0312092_135739.jpg

d0312092_13581240.jpg

Princess of Wales Conservatory 熱帯、砂漠の植物を収蔵
d0312092_13583733.jpg

d0312092_13585776.jpg

森の中にブルーベルが一面に咲いていました♪ラッキ~
d0312092_13591598.jpg

高木もほとんど手を入れず、そのままの樹形を保っていたり、植物本来の生命力を生かした見せ方をしていて人は少し手助けをしているといった感じの管理をしているようです。
迫力満載の植物園、また行って見たい!
d0312092_148036.jpg

[PR]

by monardanokahori | 2013-05-27 14:27 | 憧れのイギリス | Trackback | Comments(0)

フェントンハウス

ロンドン北郊外のハムステッドの高級住宅街にある「フェントンハウス」に行ってきました。
d0312092_20492918.jpg
d0312092_20494582.jpg

今から300年前の商人のお家のお庭。
d0312092_2053326.jpg

すっきりと手入れされったアプローチの先に高低差をつけて区画分けされたお庭が広がります。
d0312092_21142.jpg
d0312092_2112192.jpg
d0312092_2114296.jpg

きれいに刈り込まれたイチイやツゲやヒイラギの生垣。
これぞ!イギリスっ!って感じでしょ~
d0312092_2173817.jpg
d0312092_218380.jpg
d0312092_2183191.jpg

このフェントンハウスはナショナルトラストの管理の下、ヘッドガーデナーが隣のおうちに住み込みで管理しています。
d0312092_21162249.jpg

d0312092_2117440.jpg

エスパリエ仕立てされたリンゴやバラが、古びて味の出たレンガとベストマッチング!
メドウガーデンと温室とハーブ畑・・・
d0312092_21201560.jpg

d0312092_21213055.jpg

年間計画を立てて現在もいろんなことに挑戦しているそうです。Gardenに終わりはないですね。
洋書でしか見たことのない世界が広がります。
d0312092_21263872.jpg
d0312092_21281399.jpg

[PR]

by monardanokahori | 2013-05-26 21:36 | 憧れのイギリス | Trackback | Comments(0)

LONDON

念願のイギリスへ行ってきました~

ツアーメインでもある”チェルシーフラワーショー”をはじめ、ロンドンの町並やGardenの様子を
お伝えします!

まずは・・イギリスといえばビックベン。国会議事堂の時計塔は15分に一度鐘がなります。
d0312092_1628690.jpg


世界遺産のウエストミンスター寺院  ウィリアム王子とキャサリン妃が結婚式をあげた場所。
英国ゴシック建築を代表する建物で細部の装飾まで手が込んでます。
d0312092_16312525.jpg

d0312092_16314266.jpg


バッキンガム宮殿と衛兵さん
d0312092_16364966.jpg

d0312092_16372281.jpg


テムズ川の船に乗り東の方へ
タワーブリッジ  大きな船が通ると開閉するそうです。
d0312092_16421123.jpg

この橋を渡りBermondseyのパブで軽く一杯
エールビール  コクが程よく飲みやすいビール
d0312092_1650042.jpg

この時期は夜9時過ぎにようやく暗くなるのでパブを出る頃には夜景も見れました。
d0312092_1653095.jpg

右見ても左見ても振り返ってみても絵になる風景。
たくさん撮った写真の中から厳選してUPするのが難しいくらい、どこも見所満載な町でした。
[PR]

by monardanokahori | 2013-05-24 17:08 | 憧れのイギリス | Trackback | Comments(6)