Kyw Garden

ロンドン南西部のリッチモンドにある世界遺産の植物園 キューガーデン

今回この旅のツアーリーダーを務めてくださった舘林さんが学んでいた所。
広大な敷地に巨大な温室が3棟。公園のような森のような、とにかく美しいところでした!
d0312092_13283814.jpg


d0312092_1329499.jpg

良く刈り込まれた芝生。日本は「芝生には入らないで」なんて書かれているでしょうが、ここではふっかふかの芝の上を歩き放題(笑)
d0312092_13291615.jpg
d0312092_1330675.jpg

Palm House 建物も美しく熱帯雨林系の植物を気温と湿度を高く保たれたガラスの温室
d0312092_13361011.jpg
d0312092_1336326.jpg
d0312092_13364778.jpg
d0312092_1337076.jpg世界最古の鉢植えのソテツ


Temperate House 樹高16mワインパームなどが育っています。
d0312092_13401672.jpg
d0312092_1340348.jpg

これはKywガーデンオリジナルのウィッチフォードの鉢!
d0312092_135739.jpg

d0312092_13581240.jpg

Princess of Wales Conservatory 熱帯、砂漠の植物を収蔵
d0312092_13583733.jpg

d0312092_13585776.jpg

森の中にブルーベルが一面に咲いていました♪ラッキ~
d0312092_13591598.jpg

高木もほとんど手を入れず、そのままの樹形を保っていたり、植物本来の生命力を生かした見せ方をしていて人は少し手助けをしているといった感じの管理をしているようです。
迫力満載の植物園、また行って見たい!
d0312092_148036.jpg

[PR]

by monardanokahori | 2013-05-27 14:27 | 憧れのイギリス